台湾田舎生活!!!

台湾の「ど田舎」に住んでます。ご近所さんは義理家族とニワトリ。台湾での海外生活&情報、また毎日の出来事について綴っています☆

日本の歴史に会える場所『虎尾建国眷村』

こんにちは。あやみんです☆

 

台湾で生活していると、日本と台湾の関わりが深かった事に気付きます。

 

また、私達が日本では習わなかった日本の歴史も知る事が出来ます。

 

台湾には、有り難い事に日本統治時代の建物が結構残っています。

 

今回はその1つ、虎尾建国眷村の紹介です。


f:id:taiwaninaka:20210530180150j:image

 

雲林県の虎尾にあるこの村は、1938年、第二次世界大戦中、日本海軍飛行兵の戦闘訓練施設だった場所です。昭和18年(1943年)、戦乱により日本軍は「建国村」を拠点とし、神風特攻隊を育成しました。そして、当時の13~16期生の青年たちが、神風特攻隊としてボロボロの戦闘機でお国の為に戦いました。

※青年たち:日本からの日本人と日本兵に志願した台湾人。

 

日本の敗戦後、中国の蒋介石率いる国民党は台湾に移住し、台湾を軍事要塞として使用しました。

 

また、同地は日本統治時代から軍の宿舎とされてきましたが、戦後は国民党の軍人やその家族が住む集落となりました。現在、4つあったうちの2つの集落の修復が行われ、人々の憩いの場、そして歴史を感じられる場所となっています。

 

それでは、どんな感じのところかは動画でどうぞ〜☆↓

 


www.youtube.com


雲林県に来る機会があれば是非寄ってみてください。平日に行くとガラーンとしているので、週末がおススメです!

 

※この動画は、2020年2月週末の様子です。

 



f:id:taiwaninaka:20210530183048j:image

面白そうな写真が撮れるスポットがあったり


f:id:taiwaninaka:20210530183547j:image

大きなガジュマルの木があったり。

 

 1つだけ問題点をあげれば、トイレがめっちゃ臭い事でしょうか。

 

当時の生活を知るという点では良いのかもしれませんが、本当にどうにかして欲しい。

※特に夏場。

 

それ以外はパーフェクトな場所です!

 

住所:台湾 雲林県虎尾鎮建國一村55號。

アクセス:高鐵(新幹線)雲林駅からタクシーで約7分。

 

そして、最後に…

 

今回、紹介した場所は、虎尾建国眷村の一村の方です。

 

実は、虎尾建国眷村の「二村」の方には、オバケが出るとかで肝試しに行く人もいます。

 

私は怖いのが苦手なので詳しい内容は知りませんが、興味のある方は『虎尾建国眷村 鬼故事』で検索を。(^_^;)

 

 

読んでいただきありがとうございました!

 

※スターマーク、コメント欄を消してみました。ツイッターに気軽にコメントしていただけると嬉しいです☆😊😊😊