台湾田舎生活!!!

台湾の「ど田舎」に住んでます。ご近所さんは義理家族とニワトリ。台湾での海外生活&情報、また毎日の出来事について綴っています☆

台湾で映画『鬼滅の刃』を観てきたよ☆

こんにちは。あやみんです☆

 

台湾でも、待ちに待った『鬼滅の刃』の映画が10/30から公開中!

 

人気アニメの為、日本同様、台湾の映画館でも1日中上映されています。

 

公開2日目、映画のチケットは取れないかもな〜と思っていましたが、調べたところ8席だけ空いていたので、早速ネットで予約して行ってきました。

 

台湾では、映画館内でのマスク着用が義務付けられていますが、飲食OKの為、マスクを口にあてている人は少なかったです。

 

席も、ソーシャルディスタンスなしでした。

 

グッズ

私が行った映画館には、これと言ったグッズは置いておらず…

 

同じモール内に鬼滅グッズ置いてますよ〜!っていう張り紙があっただけ。

 

1つだけ、鬼滅の刃の缶入りポップコーン(キャラメル味)が売ってました。

 

これ↓(暗くてごめんなさい🙇)


f:id:taiwaninaka:20201101125822j:image

しのぶさんと…


f:id:taiwaninaka:20201101125833j:image

片面は冨岡さん。

 

 

ニュースによると…

ニュースによると、台湾でもこの映画の反響は凄く、コスプレをして映画館に行く人も…。

 

田舎では、そういう人は見かけませんでしたが、子供から親世代まで幅広い客層がこの映画を見にきていました。

 

台湾のグーグル映画コメント欄を見ても、「最高!」「めちゃ泣いた!」等のコメントが多かったです。

 

泣き上戸の私がどれだけ泣いたかって?

 

絶対号泣すると思っていたので、わざわざタオル持参で挑みましたが、涙が時折スーッと流れるくらいで済みました。✌

 

映画の感想

ネタバレにならない程度で言うと、上映中の2時間という時間は、私にとってあまりにも短く、映画が終わり、エンドロールが終わった後も「もっと続き見せて〜!」と心の中で叫んだ程でした。

 

この漫画は、既に最終回を迎えましたが、私は基本漫画は読まず、アニメしか見ない為、先の内容を知りません。

 

先が気になるなら漫画を読めば良いのですが、やっぱり映像が綺麗なアニメの方を見たいんです。

 

という事で、この映画を見るまで『炎柱の煉獄さん』についてあまり興味がありませんでした。

 

キャラは、アニメ『斉木楠雄のψ難』の灰呂と同じ声優さんが担当されていて、熱血!!ほぼ灰呂と同じキャラ。笑

 

常に笑顔で目が見開いているポーカーフェイスがとっても異様で、はっきり言って映画を見るまでは苦手なキャラでした。

 

しかし、彼の父親の言葉を聞いて口角が下がった時…

 

炭治郎に笑顔を見せた時…

 

彼が彼の母親を見て、安らかな笑顔を見せた時にはグッとくるものがありました。

 

普段、ポーカーフェイスだからこそ出来る、人の心を動かす効果。これを計算して描いている作者さんは本当に凄いな〜と改めて関心しました。

 

また、彼の強さは生まれながらの賜物のほかに、彼の母親が彼に残した『言葉』がいつも彼を奮い立せ…

 

どんな時も、常に立ち向かわなければという強い執念が、彼をポーカーフェイスにさせた様にも感じ…

 

この映画、あらすじを簡単に書けばシンプルな内容かもしれませんが…

 

善人であろうと鬼であろうと、それぞれのドラマがあり、みんな必死に生きている。そんな切ない登場人物の生き様に心を揺さぶられるんです。

 

この映画で、初めて『鬼滅の刃』を見る方もいらっしゃると思いますが、この映画を見る前には、登場人物とそのキャラや背景等を知っておく方が良さそうです。

 

なぜなら実際、「アニメ見てなかったから、よく分かんなくて、途中で寝ちゃってた…。汗💦」って知り合いが言ってましたから。😅

 

 

 

最後に、禰豆子は安定の可愛さでした☆

 

そして、鬼滅の刃2がアニメ化される事を希望しますっ!!!🙏🙏🙏

 

 

読んでいただき、ありがとうございました☆😃😃😃