台湾田舎生活!!!

台湾の「ど田舎」に越してきて約5年。ご近所さんは義理家族とニワトリ。台湾での海外生活&情報、また毎日の出来事について綴っています☆

2020年台湾総統選挙結果と台湾の未来

こんばんは。あやみんです☆

 

2020年の台湾総統選挙が無事終わりました!

 

結果は、民進党蔡英文総統の圧勝!


今回の総統選挙での主な出来事
f:id:taiwaninaka:20200111234936j:image

今回、1996年から実施されている総統選挙で過去最高800万超えの票を獲得し、蔡英文総統が当選。


f:id:taiwaninaka:20200112002650j:image

緑色が民進党派。

青色が国民党派。

 

今回は、民進党の圧勝です!

 

昨日の集会をテレビで見た時は、どうなる事かと思いましたが。(^_^;)

コチラ↓

 

www.ayamint.com

 

 

蔡英文総統に不満を持つ人々之の理由は、主に以下の事が挙げられます。

  • 軍人、教師の年金額を下げられた。
  • 中国との緊迫した関係。
  • 中国との関係悪化によって、中国人観光客の個人旅行が禁止され、台湾の観光業界は大打撃を受けた。

 

それに、現在の台湾に不満を持つ若者も多く、中国寄りになる方が経済発展するのでは?という考えも多くありました。

 

また、中国と台湾のテレビ番組を比較しても、中国の方が『今どき』で、台湾は『ダサダサ』。テレビを見ているうちに、「中国人も良い人達」「中国人にも自由が与えられている」「中国が恐ろしい国とは思えない」「中国の方が台湾より良いのでは?」と思う人々も。

 

それが、香港デモの件で台湾人の考えが一気に変わりました。

 

香港デモで、どれだけの人々が勇敢に戦い亡くなられた事か…。

 

許せません…。

 

しかし、中国の本性を再確認出来たからこそ、蔡英文総統が再当選出来たようにも思います。

 

韓国瑜氏を応援していた国民党支持者は、蔡英文総統と200票差が出た時点で怒り狂い…

 


鏡週刊 2020大選》承認敗選 韓粉崩潰 韓國瑜呼籲冷靜也沒用

 

韓国瑜氏の落選で、悔し涙を流す人が続出…。韓国瑜氏は話し上手で、人々の心を動かす事が出来る人物であった為、彼の言葉を信じ、中国寄りになることで台湾が今より豊かになると信じていたのでしょう…。だが、自由を奪われる事については考えていなかったのか疑問です…。


f:id:taiwaninaka:20200112022931j:image

韓国瑜氏を国民党の総統候補に選んだ同党の委員長の呉敦義氏は、責任を取り辞任する事になりました。

 

 

注目されている若い政治家達


f:id:taiwaninaka:20200112024308j:image

この二人はイケメン枠で女性から大きな支持を得ています。しかし、顔だけではありません。

 

左は、蔣萬安氏。なんと蒋介石のひ孫さんです!ペンシルバニア大学で法律を学び、アメリカで弁護士の資格も持っているそう。彼はもちろん国民党(青色)です。

 

右は、吳怡農氏。彼はアメリカ生まれでアメリカ育ち。イェール大学卒業後、ゴールドマンサックスグループでアジアの投資管理を担当。しかし、台湾の未来の為、全てを捨て(アメリカ国籍さえも!)、台湾で政治家になる事を選びました。彼は民進党(緑色)です。

 

今回の立法委員(国会議員)選挙では、この二人が同じエリアから出馬してしまった為、1万票差で吳怡農氏が落選してしまいました。

 

当選した国民党の蔣萬安氏は、経験豊富な為、今回は仕方なかったのかもしれませんが、私は全てを台湾の為に捧げている吳怡農氏を応援しています!


f:id:taiwaninaka:20200112024329j:image

この方は、『3Q 哥(サンキュー兄さん)』こと陳柏惟氏。いつも「サンキュー」と言うので、こういうあだ名がついたそうです。

 

台中からの出馬は、誰もが不利だと思っていました。なぜなら相手は台中を牛耳っている黒社会一族の顏寬恒氏。

 

しかし、3Q哥当選しました! 彼の特徴は、あえて台湾語だけでの巧みな演説。私には何を話しているのかさっぱり分かりませんでしたが、熱意は感じました。


f:id:taiwaninaka:20200112024356j:image

最後は、黃國昌氏。彼は自分で党を立ち上げた為、今回落選しましたが、賢く正直者でズバズバ物を言う人として知られています。どの党の事も(台湾の事を思い)本音で正論を言ってしまう為、厄介者として消されないか心配です…。

 

今回の選挙を見て、お年を召しているにも関わらず、蔡英文総統が台湾の為に捧げられている労力に感銘を受けました。

 

また、素晴らしい若手政治家達を見て、このまま大きな変化がなければ、台湾の未来は更に良いものになるのではないかという希望が持てました。