台湾田舎生活!!!

台湾の「ど田舎」に越してきて約5年。ご近所さんは義理家族とニワトリ。台湾での海外生活&情報、また毎日の出来事について綴っています☆

今日は冬至!台湾では『湯圓』を食べる日!!

こんにちは。あやみんです。

 

台湾では冬至に「湯圓」(タンユェン)というお団子を食べる習慣があります。

 

湯圓は縁起の良い食べ物とされ、また丸い形が、家族の円満を表しているようです。


f:id:taiwaninaka:20191222095149j:image

うちの家族も食べました。

 

この味、まさに『ぜんざい』そのものです!

 

ピンクと白の団子が『湯圓』。

 

このタイプの他、ピーナッツスープや甘いスープに湯圓を入れていただきます。

 

ダンナが作る時は、『黒糖+水』で甘いスープを作っていました。

 

湯圓の種類

先ほど、写真で紹介した湯圓は、直径1㎝程の一般的な湯圓で、中に何も入っていないものです。

 

中に餡が入っている湯圓と言えば、直径3cm程の湯圓の事でした。

 

それがここ数年、小さいタイプの湯圓にも、中に餡が入っているものが登場!!

 

普通、餡と言えば、ごま餡ピーナツの餡なのですが、近年はバラエティーに富んでいます。


f:id:taiwaninaka:20191222103112j:image

まず、『辻利』とコラボの湯圓

59元(約215円)

もちろん抹茶餡!新しい〜。

これは、小さい大きさの湯圓ですね。

 

f:id:taiwaninaka:20191222102414j:image

次に、ごま餡!味は、スタンダード。

44元(約160円)


f:id:taiwaninaka:20191222102646j:image

そして、あんこ入り。

27元(約98円)

ぜんざいに、これ入れちゃったらキツいですね〜。(;´Д`)


f:id:taiwaninaka:20191222102710j:image

こちらの新製品、コーヒー+練乳の『カフェラテ味』!

へぇ〜!練乳…。(^_^;)


f:id:taiwaninaka:20191222102738j:image

こちらも同じ系列、イチゴ+練乳の『イチゴミルク味』

 

このコーヒーとイチゴの湯圓、どんなスープに入れて食べるんだろう…って思ってしまいました。🤔

 

ホットミルクの中に入れるとか?

 

あ、値段ね…チェックし忘れました。(^_^;)

 

実は、この他にも変わり種が出ていて…

 

それをずっと探していたのですが見つからず…

 

とうとう、ファミマまで行きました。

 

湯圓が置いてあるであろう場所の正面には、このような貼り紙が…


f:id:taiwaninaka:20191222102818j:image

あった〜!これこれ!!

 

あの、コーヒーとイチゴの湯圓と同じ系列の『プリン味』!!スキッピーのピーナッツ味もどんな感じ?ちょっと試してみたい〜!!

 

美味しそう〜!と言うより、興味本位で。

 

冷蔵庫オープン〜!!!


f:id:taiwaninaka:20191222102900j:image

あれ…イチゴしか残ってなーい!( ;∀;)

45元(約163円)。

 

イチゴはね…どうしても食べる気になれず断念。😭

 

f:id:taiwaninaka:20191222102926j:image

甘いのが苦手な方は、お肉が入った湯圓もありますョ。

 

これは、もちろんしょっぱい系のスープに入れます。

 

私は家で作る火鍋に、これを入れたりするのですが、他の家がそうしているかは分かりません。(^_^;)

 

皆さん、良い冬至を〜!!