台湾田舎生活!!!

台湾の「ど田舎」に越してきて約5年。ご近所さんは義理家族とニワトリ。台湾での海外生活&情報、また毎日の出来事について綴っています☆

【金門】戦争の爪痕が残る場所

去年の8月、『金門』旅行に行ってきた台湾田舎生活のあやみんです☆


f:id:taiwaninaka:20190726202909j:image

 

 

友達夫婦はここ数年、毎年家族全員で金門に旅行に行っているのだとか…。理由は、彼の父親が外省人(中国人)で、蒋介石中華民国軍として金門に長い事駐留していたから(彼は台北生まれ台北育ち)。

 

蒋介石についても中華民国軍についても、人の意見は様々。しかし、彼にとっては優しく偉大な父親であり、歳を取るにつれ今は亡き父親への想いが強くっなってきているのだとか。

 

「そうなんだね〜。」なんて聞いているうちに「一緒に行かない?」なんて言われ、なんだかんだで付いて行く事に。

 

ダンナは今まで金門に一度も行った事がないから良い機会だと喜んでいる様子。まあ…私も行った事ないしね…いい機会だとは思うけど…どんな所?

 

検索するも出てくるのは戦争に関する事ばかり!!!

 

あ〜、ちょっと…かも…。

 

飛行機のチケットは往復約4000元。これピーチ航空のバーゲンセールなら日本に行ける値段〜!(;´Д`)

 

日本に帰った方が…楽しいんじゃ?😓

行き先日本に変更しませんか?(・ิω・ิ)

 

そうこうしているうちに出発の日が。

 

うちから一番近いのは台中国際空港。小さな空港です。そこから出ている日本行きは東京方面のみ。東京行き航空会社のカウンターを横目に私達はユニー航空で出発。

 

友達家族と彼らの友達家族2組(ややこしい汗)は台北から出発なので、金門空港で合流。台北からでも台中からでも、金門まで飛行機で約1時間です。


f:id:taiwaninaka:20190614124050j:image

 

金門空港に到着。小さくて古い感じの空港です。お友達と合流して、空港内にあるスクーターレンタル屋さんへ。


f:id:taiwaninaka:20190614114647j:image

荷物は、その店の方が宿泊先まで届けてくれます。今回私達は民宿に3泊4日宿泊しました。一軒家全部を4家族でシェアした感じです。浴室は、シャワーとトイレの間に仕切りがなく、シャワーを浴びると洗面所全部が水浸しになる私の大嫌いなタイプ。その事は旅行に行く前から知らされていたので、私はホテルに泊まりたかったのですが、ダンナに「そんな単独行動したら皆に迷惑がかかる。」と言われ、泣く泣く我慢する事に…。

 

旅行のスケジュールは全て友達に任せました。でも本当は、1泊2日分だけうちの家族だけ別行動で厦門(アモイ)に行きたかったんです。金門は台湾ですが、実は中国からの方が断然近いので!!!

 

私は中国に行った事はありません。行きたいと思った事もありませんでした。しかし検索してみると、金門より楽しそう(笑)。綺麗みたいだし。コロンス島もヨーロッパみたいって書いてあったし…。良い感じのホテルも安いし。

 

厦門の人は陽気で優しく台湾人に似ているらしい。食文化も台湾に似ているらしい…。

福建省ですからね。だいたい昔から台湾にいた台湾人(本省人)は福建省からの人達ですから人柄、食文化も似ていて当たり前なのかもしれません。

 

ダンナは自分の先祖の故郷を見たくないのか?すぐそばまで行くと言うのに…。

 

ダンナが私の提案に乗り気じゃない理由…

  1. 単独行動は同行者に迷惑がかかる。
  2. 台湾人は中国に行く場合、ビザを発行してもらわなければいけない。
  3. そんなこんなで色々面倒…。

 

日本人は日本のパスポートがあるので、ビザが無くても中国に入れます。金門からフェリーに乗り厦門で普通に降りても全く問題なし! だから、それなら子供達と3人で〜と思ったのですが、「単独行動禁止!」とダンナがうるさいので諦めざるを得ませんでした。(´;ω;`)

 

という事で、全ての時間を金門で過ごしました。金門が担った役割や、どれだけ大変な戦いがあったのかも知る事が出来ましたし、金門にあった古い建造物は素敵でしたし、楽しい旅行というより、色々学ぶ事が多かった旅行でした。有意義な時間を過ごせたと思います。

 

しかし、帰りの飛行機が凄く怖かったので、もう金門には行く事はないかと…。(*_*)

 

小型飛行機だからなのか、凄く揺れて、1回乗客全員宙に浮きました!!!😱😱

 

半分の乗客は、ギャー!!!って叫んでいて、もう小型飛行機には絶対乗りたくないと思った瞬間でした。(;´Д`)

 

そのような事は稀なのかもしれませんが、もう無理です。(;´Д`)


f:id:taiwaninaka:20190614213152j:image

 

 

 

【見学した場所】

北山断崖

1949年10月25日、中華民国軍と中国人民解放軍がここで56時間に及ぶ戦いをしました(古寧頭大戦)。中華民国軍の勝利によって金門を死守しただけではなく、今の安定した台湾を築きあげたのだとか。

f:id:taiwaninaka:20190615000218j:image 

台湾の歴史上、大変重要な場所だったんですね。当時の事を想像しながら、皆で静かに景色を見る…。綺麗な海でしたが、ここで泳ぐ人はまずいないでしょうね。

f:id:taiwaninaka:20190615000825j:image 

この大きなスピーカーからテレサ・テンの歌と彼女の言葉で『対岸の人々が台湾に亡命し、台湾の自由民主体制に加わるよう』呼びかける言葉が流れていました。まさかこんな所でテレサ・テンの歌が聴けるとは…。

 

北山洋樓

ここでも銃撃戦が行われ、今でも建物のあちこちに弾痕が…。

f:id:taiwaninaka:20190615030149j:image

f:id:taiwaninaka:20190615030205j:image

 

 

金門民俗文化村

この閩南伝統建築が素晴らしくて素敵でした。民宿もありました! 集落が綺麗に保存されているだけではなく、今でも人が住んでいる家屋もありました。


f:id:taiwaninaka:20190615012831j:image


f:id:taiwaninaka:20190615012909j:image


f:id:taiwaninaka:20190615012942j:image 
f:id:taiwaninaka:20190615013105j:image

 

珠山集落

ここの集落も素敵、どこの集落も家のスタイルはだいたい同じでした。屋根の形が二種類あるのですが、尖っている方の家は、『その家から出世した者がいる』という意味らしいです。分かりやす過ぎ…。(^_^;)


f:id:taiwaninaka:20190615025104j:image 
f:id:taiwaninaka:20190615025118j:image 
f:id:taiwaninaka:20190615040148j:image 

金門の集落の多くは同じ苗字の集まりだそうで、村の中心には本家の祖廟があります。

 

大家族が同じ地域に住むって事ですよね。

 

台湾人で、家族や親戚と同じマンションを買って住んでいる方々がいたりするんですが、同じような考え方なのかもしれませんね。

 

ある本家の祖廟。

f:id:taiwaninaka:20190615040230j:image 

f:id:taiwaninaka:20190615040254j:image 
f:id:taiwaninaka:20190615040330j:image
莒光楼

建物内に展示物があり、見てまわる事が可能。

f:id:taiwaninaka:20190614213352j:image

f:id:taiwaninaka:20190614213411j:image

屋上からの景色! 厦門が見えました〜!!
f:id:taiwaninaka:20190614213605j:image

 
八達楼子

8人の英雄を讃えて。国民党軍が負けそうに成っていた戦いで、より沢山の味方兵が逃げられるよう8人の兵が犠牲になって戦って戦死したそうです。

f:id:taiwaninaka:20190615023554j:image


金門老街

中国と台湾が一緒に並んでいて、なんだか不思議。ダンナは複雑な気持ちだったそうです。

f:id:taiwaninaka:20190615031010j:image

金門は、中台統一派の人が多いみたい。


f:id:taiwaninaka:20190615031042j:image
写真を撮るには面白い通りです。レトロで良い雰囲気でした。

 

 

溪邊海水浴場 

ここの海は、水も砂浜も綺麗でした。とても暑い日だったので泳ぎたいくらいでしたが、単独行動禁止の為、諦めました。

台湾人は、『海=泳ぐ』ではなく『海=眺めるもの』と思っている人が多いような…。 学校でプールの授業が無いせいか、水の中に入るのを怖がる人も日本より多いです。

f:id:taiwaninaka:20190615034424j:image 

面白い形のカニ
f:id:taiwaninaka:20190615034501j:image

建功嶼

干潮時に行くと向こう岸まで歩けます。道は石のブロックで出来ていて、少し歩きづらかったですが…。

f:id:taiwaninaka:20190615034559j:image

このオブジェ…私は好きですよ☆
f:id:taiwaninaka:20190615034626j:image 

これは鄭成功の巨大像。彼の母親は日本人です。

f:id:taiwaninaka:20190615034702j:image

 
水頭集落と得月楼

インドネシアなどで富を築いた人達が故郷に建てたヨーロッパ風の洋館。

このピンクの建物は、現在毛沢東カフェになっています。

f:id:taiwaninaka:20190615034834j:image

水頭集落の黄氏一族は、教育にも非常に熱心だったそうで、学校も一族でお金を出し合って建てたそうです。

学校で使われていた机。
f:id:taiwaninaka:20190615093712j:image

この高い塔は見張り用です。小さな穴の所から銃で撃てるような作りになっています。

 

お金持ちの家なので、強盗が入る事も視野に入れ設計された建物です。この表玄関は、実はフェイクで家の中には入れないようになっていたとか。私はそこから中に入って、家の中も見学しましたが…。見学者用に作りを変えた?🤔
f:id:taiwaninaka:20190615034908j:image


f:id:taiwaninaka:20190615034941j:image

建物内と食べられていたとされる料理。

f:id:taiwaninaka:20190615035026j:image

f:id:taiwaninaka:20190615035110j:image

金門の家の建物に、時々マジョリカタイルが使われているのを発見ました。洋館だけではなく古典風の家にも使われていました。1920年代に金門で流行ったそうです(実は、日本からの輸入)。可愛いですね☆

 

★こちらは、マジョリカタイルのお店。

『QUEMOLICA卷毛力卡』。住所は金城鎮莒光路110巷1號です。↓

f:id:taiwaninaka:20190615035146j:image 
f:id:taiwaninaka:20190615035235j:image 
f:id:taiwaninaka:20190615035311j:image

 

陳景蘭洋楼

日本統治時代、保養所として使われていたそうです。元々は東南アジアで成功された華僑の方のお屋敷でした。

f:id:taiwaninaka:20190615035431j:image 
f:id:taiwaninaka:20190615035511j:image 
f:id:taiwaninaka:20190615035535j:image

 

金門太武山步道

片道40分くらいかけて坂道を登りました。汗だく!!!
f:id:taiwaninaka:20190615035626j:image 
f:id:taiwaninaka:20190615035725j:image 

でも景色は最高でした!
f:id:taiwaninaka:20190615035751j:image
亡くなった兵士達を祀っている場所。
f:id:taiwaninaka:20190615103138j:image

メモリアルモニュメント。
f:id:taiwaninaka:20190615103422j:image

 

 

その他、色々主要観光地を一通りまわりし、戦争関係の場所にも殆ど行きました。写真が多くなるので、あえて載せませんが…。



f:id:taiwaninaka:20190615104707j:image

包丁の原料には、砲弾の弾殻が使用されていて切れ味抜群! 私は料理中、指を切り落としてしまったら困るので買いませんでした。(^_^;)

f:id:taiwaninaka:20190615104736j:image

f:id:taiwaninaka:20190619122748j:plain

銃弾は出ませんが、銃撃戦の様子をゲームで体験出来ます。私は全く駄目でした。(^_^;)


f:id:taiwaninaka:20190618234328j:image

地雷展示館では、地雷体験が出来ます。地雷を踏むとバーンっと大きな音が鳴るだけですが…。金門には、沢山の地雷が埋められていたそうです。今は殆ど取り除かれましたが、侵入禁止場所や草むらなどに入るとまだ地雷が残っているかもしれないので危ないそうです。

f:id:taiwaninaka:20190619122829j:plain

f:id:taiwaninaka:20190618234619j:image 
f:id:taiwaninaka:20190618234746j:image

戦車や飛行機がおもちゃにしか見えず…。本当にこれで戦っていたのだろうか…と思ってしまいます…。

 

1979年頃まで(だったかな?)金門では緊迫した生活が続いていたそうです…。私が生まれた後なので、つい最近の事ですね…。

 

 

【食べたもの】

友達が調べて色々連れってってくれました。全部有名店だそうですよ。(^_^;)

閩式燒餅
f:id:taiwaninaka:20190614214022j:image

味は3種類(肉、粒あん、カスタードっぽいの)。粒あんは甘さがすっごく抑えられてあります。他の2種類の方が美味しいかな。

f:id:taiwaninaka:20190614214224j:image
良金牧場
f:id:taiwaninaka:20190614214353j:image 

金門内にはチェーン店があるレストラン。金門の牛肉を使っています。
f:id:taiwaninaka:20190614214436j:image 

麺の上に牛生肉。
f:id:taiwaninaka:20190614214515j:image 

その上からスープをかけて〜。写真映えしますが、味はまあ…普通です。(^_^;) 
f:id:taiwaninaka:20190614214603j:image 

このソフト…金門の牛のミルクから作られたのですが…なんと草の味!!!余りにも強烈過ぎて食べれませんでした。😱😱
f:id:taiwaninaka:20190614214636j:image 
 

高坑牛肉乾

ここの料理は、牛肉麺も水餃子も本当に美味しかったです!ホッ
f:id:taiwaninaka:20190614215240j:image 
f:id:taiwaninaka:20190614215304j:image 

隣に有名ビーフジャーキー店があります。観光客で賑わっていましたが、金門で買わなくても家楽福とかのスーパーで普通に売ってます。(^_^;)
f:id:taiwaninaka:20190614215326j:image 

 

榕榕園面館

何故有名なのかよく分からない店の食べ物。f:id:taiwaninaka:20190614215503j:image 

なんちゃって甘いカレー(片栗粉で作ってある)のようなものが麺の上に…。麺とジャガイモの組み合わせは遠慮したい感じ。

この水餃子の皮、分厚過ぎ!!!(-_-)

f:id:taiwaninaka:20190614215405j:image

 

談天楼

大人気店! 地元の方に愛されてる感半端ない+その噂を聞きつけた観光客で店内は大賑わい…。しかし、一口食べると驚く程の味のなさ!

こちら(↓)は私が注文したもの。大きめの熱々湯圓中にはゴマ餡が入っています。黒いのは仙草ゼリー。そしてその上に練乳がかかっており、下は蜜がかかっていたのかも知れませんが、本当に氷に味が…ない!!!


f:id:taiwaninaka:20190617160102j:image

子供達はイチゴミルクを頼みましたが、まさかの氷の上にイチゴジャム+練乳!!!Σ(゚Д゚)( ゚д゚)( ゚д゚)( ゚д゚)( ゚д゚)( ゚д゚)ぇ〜!

 

イチゴジャム+練乳=イチゴミルク…。

 

まあ…昔からあるお店ですから、昔はそれも『アリ』だったのかも知れませんが…。

 

衝撃の一品でした。味もうっす!なんせ氷が溶けてくるんで。

 

酒粕味が人気のようでした…。

 

--------------------------------------- 

 

 

その他色々、人気店に足を伸ばして行ったのですが…私は全く美味しいとは思えず。普通…以下でした。

 

金門の食べ物って不味いのかな?って思ってしまった程です。同行者達は『昔ながらの〜』とか『あの芸能人も美味しいと言った〜』みたいな謳い文句に弱いので、納得して食べていたようですが…。

 

いつも思うのですが…旅行って色々調べてgoogleマップとにらめっこして、あっちこっち行くより、あまり計画立てずに街をぶらぶら歩いたりする方が新鮮で楽しいな〜って。その方が多分、美味しい物とも出会えそう☆期待してない分(笑)。