台湾田舎生活!!!

台湾の「ど田舎」に越してきて約5年。ご近所さんは義理家族とニワトリ。台湾での海外生活&情報、また毎日の出来事について綴っています☆

【故宮博物院南部】5月の週末は入場無料!

雲林県嘉義にある『国立故宮博物院南部院区』に行って来ました!

 

これまで何度か館外には来ていたのですが、この度、5月の週末は博物館内、入場無料と言う事を知り、歴史芸術に全く興味のない旦那を連れて行ってきました。

 

まず、2階でチケットを受け取ります。


f:id:taiwaninaka:20190520093034j:image


f:id:taiwaninaka:20190520093046j:image

 

3階が入場口。最初にセキュリティーゲートを通り、その後チケットを入口の改札機にかざします。近代的〜。


f:id:taiwaninaka:20190520093310j:image

 

現在鑑賞出来る展示物はコチラ↓


f:id:taiwaninaka:20190520093414j:image

嘉義の歴史を知る事が出来ます。


f:id:taiwaninaka:20190520093630j:image
色々な国の仏像。パキスタンのは濃い顔。日本のは、のっぺりしているのが印象的でした。

 

その他…
f:id:taiwaninaka:20190520093922j:image


f:id:taiwaninaka:20190520093945j:image


f:id:taiwaninaka:20190520094001j:image


f:id:taiwaninaka:20190520094022j:image

もうササッと見てまわりました。

普通展示物は触ってはいけない、カメラ禁止だと思うのですが、そういうサインはなく、写真を撮っている人も多く、謎でした。

 

展示室にいる係の方も何も言ってなかったので、台湾では良いって事なのかな? 疑問です。(?_?)

 

故宮博物院南部院区は、無料エリアだけでも十分楽しめます。

 

キッズエリア。↓


f:id:taiwaninaka:20190520094831j:image

手を消毒してもらってから中に入ります。

中に入ってすぐ、ベビーカー置き場あり。またトイレもこのエリア内にあります。

 

有名な陶器の巨大レプリカ。子供達も遊びながら自然に学ぶ事が出来て素晴らしい場所だと思います。
f:id:taiwaninaka:20190520100009j:image


f:id:taiwaninaka:20190520095101j:image


f:id:taiwaninaka:20190520100224j:image

絵付けの手順。
f:id:taiwaninaka:20190520100305j:image


f:id:taiwaninaka:20190520100321j:image

ぬりえコーナー。
f:id:taiwaninaka:20190520095147j:image


f:id:taiwaninaka:20190520100051j:image

積み木マグネット。
f:id:taiwaninaka:20190520095323j:image


f:id:taiwaninaka:20190520095357j:image

 

ベトナムコーナー。ベトナムって、長い事中国の支配下にあっただけに、中国の文化の色が濃い。中国そのものじゃない?


f:id:taiwaninaka:20190520095426j:image
f:id:taiwaninaka:20190520095543j:image

ちまき

 

f:id:taiwaninaka:20190520102848j:image

ベトナムの婚礼服


f:id:taiwaninaka:20190520102920j:image

獅子のお面、中国のものと同じ。


f:id:taiwaninaka:20190520102939j:image

月餅。


f:id:taiwaninaka:20190520095717j:image

f:id:taiwaninaka:20190520100131j:image

これ、蛋餅みたい!

 

その他、インドネシアコーナーで民族衣装を着れるコーナーもありました。

 

そして、子供用図書館。


f:id:taiwaninaka:20190520104423j:image

 

お子様連れなら、ここで一時間くらい過ごせると思います。

 

無料ですし、クーラーも効いているので夏場にはピッタリですね!

 

涼しくなれば、外でサイクリングをする事も出来ます。レンタルあり(大人用のみ)。


f:id:taiwaninaka:20190520113504j:image


f:id:taiwaninaka:20190520113531j:image


f:id:taiwaninaka:20190520113559j:image

この博物館を設計したのは、世界で活躍中の台湾出身の建築家、姚仁喜です。
宜蘭にある蘭陽博物館も彼が手掛けました。

 

今週末もまだ入場無料なので、興味のある方は是非〜☆

 

※高鐵嘉義駅から無料バスが出ています。