台湾田舎生活!!!

台湾の「ど田舎」に越してきて約5年。ご近所さんは義理家族とニワトリ。台湾での海外生活&情報、また毎日の出来事について綴っています☆

台湾にいる外国人ヘルパーさん

台湾には外国人ヘルパーさんが沢山います。

 

中国語では『外籍幫傭』と言います。

 

彼らの主な仕事は、『老人介護』又は『ベビーシッター』なのですが、24時間住み込みでお世話をするうえに、その家の掃除から料理まで、あらゆる手伝いをするよう言われる事が多いです。

 

本当に重労働…。

 

そして貰える額は月たったの23000元くらい。

 

うちの旦那の祖母もお世話になっていましたが、そのヘルパーさん、祖母と同じ部屋で寝ていました。24時間つきっきりです!

 

体力がいる為か、若い人が多い気がします。

 

また、昔はお金を出せば、誰でもヘルパーさんを雇えたそうですが、今は基準が厳しくなっているそうです。

 

私の知り合いの台湾人は、子供が4人いる為、外国人ヘルパーさんを雇う事が出来ました。(一番下の子が幼稚園入学するまで。)

 

そのフィリピン人のヘルパーさん、以前はフィリピンの銀行で働かれていたとか。

 

外国人ヘルパーさんは、貧しくて学歴がない人が多いと聞いていたので、驚きました。

 

英語も上手なのに(フィリピン訛りもなし)、なぜここで働いているのか聞いてみると、フィリピンで働いているよりお給料が良いとの事。

 

フィリピンの銀行員ってそんなに貰えないの?(実際どうなんでしょう?)

 

そしてなんと既婚者でした。

 

実は、外国人ヘルパーさん、既婚者多いんです。

 

ご主人も外国人労働者として働いていて、子供は祖父母に預けているとか。

 

これ、外国人労働者あるあるなんですけど…

 

うーん…。

 

他人の子供の面倒をみて、お金をもらう代わりに自分の子供の面倒はみられない…

 

いくら生活の為とはいえ複雑ですね(泣)。

 

子供なんて小さい時が一番可愛いのに。(´Д⊂ヽ

 

外国人ヘルパーさんで一番多いのはフィリピン人のような気がします。

 

英語が出来る為、意志の疎通がはかりやすいという理由からだそうです。

 

が、しかし…

 

フィリピン人は怠け者、平気で嘘をつく、家の物を盗むとの理由で人気がないのも確か。

 

(*全てのフィリピン人がそうではありません。良い人も、一生懸命働く人もいます。)

 

そういう理由で、インドネシア人、ベトナム人のヘルパーさんを雇う人達もいます。

 

公園に行くと、老人の車椅子をひいた外国人ヘルパーさん達がたむろって、おしゃべりに夢中になっているのをよく見ます。

 

その間、暑かろうが寒かろうが、老人達放ったらかし…。

 

ああいう光景を見ると、将来お世話になりたくないな…と思ってしまいます。

 

でも、老人ホームで虐待されるよりマシ?

 

ちなみに、台湾人ヘルパーさんを雇う場合は、+3000元だそうですが、24時間体制なのかどうかは分かりません。

 

あと、外国人がヘルパーさんにお世話になる場合、台湾人が支払う料金の倍になるそうです。

 

そして、ヘルパーさんを雇う際、一番考慮しないといけないのは仲介業者。

 

実際、業者によって手数料、サービス料などの違いがあり、その差なんと3000〜3万元。

 

ぼったくられないように気をつけましょう!